苦しい事も幸せの糧にする占星術

天体の役割【土星】

木星以降(木星土星天王星海王星冥王星)は社会天体。

社会天体は、社会(外部)からの影響。

個人の意志に及ばない所から影響を与えてきます。

 

f:id:yuua08:20211006103016g:plain

 

土星


 ★主な年齢域(強化されやすい時期)→ 56歳~70歳

 

★公転周期 → 29年半

 

★逆行 → 1年ごとに約4、5か月間

 

★支配星座 → 山羊座水瓶座

 

★人物 → 高齢者、老人

 

★象徴 

→ 試練、制限、責任、課題、遅延、安定、保守的、努力、制限、コンプレックス 

 

 

土星は、課題、試練やコンプレックス等言われますので嫌がる方もいますが、

「きちんと向き合って努力していけば報われる」という事でもあります。 

若いうちはこの土星のあるハウスの分野で苦労しても、

頑張って努力していけば、土星期にはようやくその恩恵が受けられるでしょう。

そこまで長い道のりですが、コツコツ努力を積み重ねていく事が大切です。

 

また、土星には維持、安定という意味もあります。

 

以前知人を鑑定していて、金星と土星が重なっている人がいたのですが、ずっーと綺麗にしている人なんですよね。

金星(美しさ)を土星(安定、キープ)ですね。もちろん全員ではないですが。

あ、顔が美人かとうかは作りの話なんで、また別の話ですよ(^^;;

美しさの維持、ということです✨

 

また、結婚の時期を読むのに木星が重視されますが、

土星「安定」「責任が伴うので試練」という意味では重要なので、見ていく必要があります。

家庭を作っていく責任感は、まさに土星的といえますね。

 

 

相性の観点からみる「土星           

相性で土星が絡む場合は、ソフトアスペクトかハードアスペクトかで

大分印象が変わってきます。

 
《ソフトアスペクトの場合》

ソフトアスペクトの場合は、本人の苦にならずに土星側から導かれる、というのがポイントです。 

 

例えば、自分の月×相手の土星が120度のソフトアスペクトの場合。

相手は自分にとって導いてくれる「先生」のようなイメージ。束縛されるとかではなく、堅実&保守的になる感じです。

 
《ハードアスペクトの場合》

ハードアスぺクトの場合は、土星側の圧を多少感じる事になるでしょう。

 

例えば、自分の月×相手の土星が90度や、180度ののハードアスペクトの場合。

自分は相手といると圧迫感を感じる相手になるでしょう。

 

私の例ですが、昔お付き合いしていた人で、私の金星に相手の土星オポジション(180度)の相性の人がいました。

 

金星は「幸福、楽しさ」や「どう愛情を注いで欲しいか」。

楽しさって高揚感だから、それを制限、安定、保守的にされるって・・・いつも私はどよーーんとしていました(-_-;)楽しくなかったんです。。

相手の愛情表現も私にはいつもシックリこなかったですし(失礼)、短い交際期間となりました(;'∀')

 

とまあ、ハードアスペクトだと少々威圧感があり敬遠しがちな土星ですが、前述したように悪いことばかりではありません。

 

土星と上手に付き合っていきましょう✨

 

 

十綺 夕愛

とおきゆあ